Mr.Childrenの深海について語ってみる

今日はロックの日だそうだ。
なので自分の思い出の名盤を聴いてる人もいると思う。

そんな数ある名盤と言われる作品の中でも個人的に思い入れ深い1枚について
ちょっと駄文を書き連ねていこうかと。
ロックの日なので(大事な事なのでry

続きを読む

ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」 グランキューブ大阪

先週の11日に代々木で終わったツアー。その大阪公演に行ったので感想でも。
1stAlbumを聞いて5年近く。ずっと見たいと思いつつ
中々タイミングが合わなかったけど今回ようやく見れたので記録しておこうかと。
ちなみに小倉唯ソロで去年夏のツアー行ったものの
石原夏織も見れて、ちゃんとゆいかおりを目撃でき感慨深かった。

続きを読む

このブログの片隅に書く 「この世界の片隅に」を観て

※ネタバレありのためこれから見に行く人や未見の人はご注意ください

前回の更新から1年以上放置してたブログだけど、良い加減更新します。
この世界の片隅に」を観に行ってからそろそろ1週間が経ち
このままでは書かなくなるだろうと思いとりあえず書いてみようかと

良い映画評や感想はもう他の人が山ほど書いてるんで躊躇してたけど
自分なりに思ったことを

まず観る前に友達から言われたけど、未だにこれを”反戦映画”だと
思ってる人がいるみたいで。観た人はもう分かってると思うけど全然違う。
日本で戦時中戦後を描いてるアニメ映画っていうとどうしても
火垂るの墓」という作品の存在が大きいからかなーという気もする。

広島に住む浦野すずという一人の女性の半生が戦前~第二次世界大戦~戦後
という時代背景を通してとても丁寧に描写されていく。
ほんとに何気ない仕草や演出にこだわって作られていて、まずそこに感動する。
自分は原作は未読で、作者の作品では「夕凪の国 桜の街」「長い道」を
読んだ事があったのだけど、暖かな絵の再現度も物凄くて原作ファンや
作者の作品揃えてるような人はそれだけで泣いてしまうんじゃないかと。

広島で慎ましくも優しい家族と友達に囲まれ幸せな時間を過ごしていたすずは
19歳になり、ある日いきなり顔も知らない男と結婚することに。
この時代には珍しくも無かった事だろうけど、当然すずは困惑したまま
家族とともに相手方の実家へ。そこで会った周作という人に嫁いで
知らない土地や人に囲まれながら少しずつ馴染んでいくのだけど
やがて戦争の影がどんどん濃くなってきて・・・・

最初のあらすじをざっくり書くと大体こんな感じだろうか。
各所の感想でも見たけど、とにかく最初は笑えるシーンが多い。
主人公(ヒロイン)のすずさんが子供の頃から天真爛漫というか天然で
一挙手一投足が可愛くて仕方ない。そんな彼女の周りは常に優しい世界であるかのよう。
旦那の周作さんは不器用であまり感情を表に出さないタイプ。
でも妻であるすずの事は大事に思ってるし、夫の姉はちょっといじわるだけど
その子供の晴美ちゃんは完全に天使だし。
そんな感じで前半はほっこりしたりクスッとなったりして楽しい。
観ていて「あーずっとこんな風に最後まで話が続けば良いのに・・・」なんて思わず考えてしまった。

続きを読む

2015.09.19 MR.CHILDREN STADIUM TOUR 未完、京セラドーム行ってきた

ファンなら誰もが一度は考えたことがあるだろう、
もしMr.Children小林武史の手を離れセルフプロデュースで
アルバムを出したらどんなアルバムになるんだろう・・・
今年出た、REFLECTIONというアルバムはそんな期待に
200%のエネルギーで返してくれるような作品だった

そこには胸を打つバラードあり、ハードなロックもポップな曲も
桜井らしい社会に問題提起するような曲も、聞き手を鼓舞する曲もあり
これまでのミスチルの総てが詰まった、集大成と呼ぶにふさわしいアルバム*1である

そんな傑作アルバムのツアーとなると、どうしても行きたいと思っていたら
以前からミスチル好きで、FC会員でもあるフォロワーさんが
チケットを取ってくれた縁で、2011年のSENSE野外ツアー以来の
4年ぶり2度目の参加となった*2

自分としてはほんの一週間前、UVERworld男祭りで人生でもTOP3に入るような

強烈なライブを見たのでどうしても比較してしまうなあ・・・と思ったが
結論から先に言うと、初参加のSENSE野外ツアーの感動を
何倍にも更新してくれた物凄いライブで、改めて凄いバンドだと思い知らされた

*1:個人的にはQのアップデート版のような印象も受ける

*2:ほんとにお礼を言いたい

続きを読む

ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!- SPECIAL LIVE

ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!- SPECIAL LIVE 「HIGH! HIGH! HIGH!」 @なんばHatch (大阪府)

 

ていうイベントにこないだ行って来たので、シロップまだ書いてないけど
とりあえずこっちのレポでも(とりあえずアホみたいに長いです)

f:id:kommunity:20150731135700j:plain

チケット譲ってもらったフォロワーさんと、会場まで向かってると
地下でなんか若者の人だかりが出来てて見てみたら
グッドモーニングアメリカの金髪の人
のコスプレみたいな人がいて、というか本人だった()

プチ撮影会になってたので、便乗して写真撮らせてもらったけど
流石に気になって、リハとかいいんですか?て聞きましたね・・・

会場の、なんばHatchは昔ピロウズで良く来てたけど
こうやってライブ見に来たのは数年ぶり

続きを読む

ブログはじめました

ということで、ブログはじめてみた。

 

いつもはツイッター


とかつぶやいてたりするんだけど、段々長めのものも書きたくなったり
あとは友達がやってる音楽ブログ
http://ameblo.jp/musi9tree/
に影響受けて、自分もやりたくなったり
気付いたらもう半年過ぎてしまったので
とりあえず場所だけでも作ることにした

まあ、以前にブログはやってたし
定期的にやるつもりはあんまり無いので、書きたくなった時にやるつもりで

 

  •  ひとまず

今更すぎるけど、去年のアルバムベスト10とか書いた

ここから何枚か選んで書くかも

littlebusters.hatenablog.jp

 

去年のOP/EDで映像、曲共に良かったのを10作ずつ選んでみた

littlebusters.hatenablog.jp

 

 ちなみに先月聞いたやつはこんなん

続きを読む

年間ベスト2014

ベスト10

1.Syrup 16g/Hurt

Hurt

2.くるり / THE PIER

THE PIER (初回限定盤)

3.UVERworld / 0 CHOIR

0 CHOIR (初回生産限定盤)(DVD付)

4.DragonAsh / THE FACES

THE FACES【初回限定盤】

5.BUMP OF CHICKEN / RAY

RAY(通常盤)(予約特典ステッカー無し)

6.水樹奈々 / SUPERNAL LIBERTY

SUPERNAL LIBERTY

7.花澤香菜 / 25

25(初回生産限定盤)

8.坂本慎太郎 / ナマで踊ろう

ナマで踊ろう(通常盤)

9.UNISON SQUARE GARDEN / Catcher In The Spy

Catcher In The Spy(初回限定盤2CD)

10.ストレイテナー / Behind The Scene

Behind The Scene(初回限定盤)(DVD付)

そのほか去年聞いたアルバム (A→Z)
続きを読む